アキラロイヤルコレクション
銘 「 大 慶 寿 冠 」


うちかけは  祈りの衣
     うちかけは  儀式の衣
       うちかけは  契りの衣

松葉の寿ぎの 金彩工芸に憧れました
神聖な神域を 鮮やかに華やぐ 丹朱
それは日の出の太陽の 丹朱です
瑞鳥と慕われる鶴は めでたさの象徴
その格式に末広がりの 祝の花扇を添え
まろやかな露草で 円満を祈りました
本手描友禅 金彩工芸 貝螺鈿工芸の 総てを捧げ
今 章の持つ技と芸と贅の極みを
創り込みました

片岡愛之助様 紀花様祝いのうちかけ
  銘 「 松寿紀鶴翔 」


日の本の この国では古来より 
永遠の翠の松をめでたさの象徴と尊ばれて来ました
儀式の衣 銘「 松 寿 紀 鶴 翔 」は
最高級の儀式のうちかけです

梨園の名門 松島屋の御婚儀 その花嫁様に相応しく
松島屋の松と 寿ぎの花傘で 
祝の衣 一襲のうちかけに創りました
うちかけの裏にまで 松島屋の銀杏を配した 特別な作品です

この道で技を磨き、芸術を高めた職人の祈りを込めた逸品です
日本の古い 古い伝統工芸の本手描友禅の粋と
  金彩工芸の格式を創り重ねた作者 章の代表作です

うちかけ
 「 聖 爛 寿 」


うちかけは女の衣
うちかけは女のいのち
うちかけは女の誓い
美しい花嫁様の門出の衣としてのうちかけは
最高級の総てでありたいと念じます
銘「聖爛寿」は作者 秋山 章の職歴六十年の
憧れを一襲に染め上げたうちかけです
真白な駒羽二重に螺鈿幸玉箔を打ち
本手描きで赤の濃淡に染め金箔と刺繍で仕上げた
贅沢な作品です
爛漫の花をよろこびの花として白 赤 金の三大美を
調和したうちかけは花嫁様の美を尚一段と
美しさにお導きする事でしょう

うちかけ
「 慶 富 陽 」



凛とした個性的な花嫁様に想いを寄せて創りました
銘 「 慶 富 陽 」は
花嫁衣裳の枠を超えたうちかけです
駒塩瀬羽二重の最高の生地に
染めと 螺鈿と 本手描友禅の妙を尽くして
近代的な花嫁衣裳を創りました
本手描友禅の歴史に磨かれ 育てられた職人の技が
古典を今の時代に甦らせ 新しい魅力の衣裳になりました
作者「章」の若々しい作品です

うちかけ
  「花 雪 輪」


うちかけは 祈りの衣
 うちかけは 女性の華
  うちかけは 花嫁のいのち

式三献の儀の花嫁は 女性の最高の装いです
そのうちかけは 本物であり 最高でありたいと念じます
銘「花雪輪」は 作者「章」の代表作です
本手描友禅 本金箔 本刺繍と
総てを手創りで染め上げたうちかけです
技術といのちの職人が八百日の月日をかけて創り上げた
このうちかけ 花嫁様の門出の衣として
華やかな中にも気品を込めてお勧め申し上げます

うちかけ
「 富 貴 翔 」


琥珀の繭から絹を引き 駒塩瀬羽二重に織り上げた
最高級の生地を基に創り上げた 最高級のうちかけです
今昔の人々が磨き育て上げた 吉祥文様のうちかけ
銘 「 富 貴 翔 」は
作者「章」の六十年に近い歴史の中でも 記憶に残る名品です
金彩工芸と本刺繍の技術を惜しみなく創り込んだ
逸品のうちかけ
作者の「章」の祈りを込めて お召し頂きます>